エコロジーと環境対策 (外部サイトで読む

ハリマオ65

第一次、第二次オイルショックで太陽熱温水器が売れた。その機に
乗じてエコロジーでソーラーシステム、太陽光発電システムと山梨
から千億に販路を拡大し山倉光男は成功した。しかし流行も終わると
一気に冷める。その後、太陽光発電の買い取り制度で息を吹き返した。
その後、脱二酸化炭素としてハイブリッドカー、電気自動車、燃料
電池車が登場。その後地球温暖化問題で世界的な会議が開かれた。
しかし温暖化のために巨大台風の被害が拡大、対策が急務となった。
その対策の試みや、若者が地球温暖化対策のいい加減さを糾弾した。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    エコロジー
    太陽光発電
    地球温暖化
    買い取り制度
    太陽熱温水器
    山倉光男
    電池車
    脱二酸化炭素
    ハイブリッドカー
    太陽光発電システム
    第二次オイルショック
    ソーラーシステム
    地球温暖化対策
    販路
    地球温暖化問題
    急務
    電気自動車
    山梨
    燃料
    試み

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち