橫浜の水の里物語 (外部サイトで読む

ハリマオ65

大都会から車で時間以内に素晴らしい自然の里がある、
そこで生まれた加藤末吉はこの自然が好きで村を離れず地元で便利屋
として住民につくし地元で結婚した。ある日、村から8kmの所に
高速道路が通り、その出入り口を作る計画があがった。父、加藤吉宗
が将来の村の発展のため村外から優秀な村長を探し多くのアイディアを
出してもらい村は発展したが村長が病に倒れた。その後、吉宗の長男に
村長を打診し了解してもらい高速道路の効果で増えた村の資産を投資
で、さらに増やし村の産業界発のためにつくし村の過疎化対策で若い
移住者の優遇政策で人口を増やし村の若返りにも成功した。吉宗が
亡くなった時、莫大な個人資産を全て村に寄付し・・・。
この小説は、カクヨム、アルファポリスの重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    村長
    吉宗
    高速道路
    移住者
    出入り口
    村外
    ヨム
    加藤吉宗
    アイディア
    大都会
    加藤末吉
    若返り
    優遇政策
    過疎化対策
    地元
    産業界発
    重複
    個人資産
    里物語

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち