マギアルサーガ~うたかたの世に幕を引け~ (外部サイトで読む

松之丞

――魔物は、災厄。

世界に蔓延る獰猛な獣を、人々はいつからかそう呼んでいた。

人の営みを悉く粉砕する災厄の如き魔物を前に、しかし人類は、剣を執る。

年若い戦士アクセルは、魔物の侵入を防ぐために敷設された関門に駐屯する兵士。

国家安寧の為、彼は決して終わることのない、戦いの日々を送っていた。

だがある日、彼の元に二人の女が現れた。

その一人は、かつて彼が使用人として仕えていた主、ウルリカだった。

尊大な態度でアクセルに迫る、すると彼女は、予想だにしない言葉を放つ。

「あたしが成し遂げる勇者の功業に、貴方も参列なさい」

その言葉が彼を、目を背けてはならない宿命へと誘うのだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    マギアルサーガ
    魔物
    ウルリカ
    災厄
    年若い戦士アクセル
    功業
    うたかた
    使用人
    国家安寧
    関門
    営み
    宿命
    兵士
    勇者
    侵入
    言葉
    人類
    貴方
    態度

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち