こじらせ王太子と約束の姫君 (外部サイトで読む

栗須まり

小さな公国でのんびり自由に育ったレイリアは、自国の金鉱脈目当てに圧力をかける隣国から、国を守る為大国の王太子との縁談を受ける。
だが王太子には想い人がいて、レイリアは十項目の条件を出される。当分は婚約者とする。公の場に出るな。隣国との問題が解決次第、婚約解消とする等々。
「良かったわ殿下に気を使う必要もないし」なんて気楽に考えていたら、殿下の態度がどんどん変わっていって、十項目どうなっちゃうの?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    縁談
    殿下
    隣国
    自国
    大国
    圧力
    金鉱脈目当て
    王太子
    態度
    レイリア
    婚約解消
    約束
    公国
    解決次第
    婚約者
    十項目
    条件

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • KIYOMI.A
  • こじらせと言うよりは、ブラコンかと。聡明(悪事に関して(笑))なレイリアとのやりとりは面白いです。
  • 2020年03月29日 21:55

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち