雨の日

北きつね

 誰でも子供の時に、雨の中で遊んだ記憶があるだろう。

 僕の、雨の中での記憶は、彼女と密接に結びついてしまっている。

 僕は、雨の中で、彼女を見た。
 僕は、彼女に一目ぼれしてしまったのだ。

 それがどんな結末になるのか・・・考えもしないで・・・。

 だから、僕は雨が嫌いだ。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    彼女
    記憶
    結末
    子供
    考え

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

ちょっとだけ切ないショートストーリー

第一話
更新日:2019年02月20日
ツギクルくん

ここは小説ページのトップです。もう読んでみましたか?

クルミちゃん

え、まだ読んでいません?!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち