感じた重さ

北きつね

 僕のすべてだった・・・それを奪った奴らを許すことなぞできるわけがない。

 僕は、あいつらを見つけ出して復讐すると誓った。

 でも、僕には力がない。

 僕を・・・違うな、僕のすべてだった・・・彼女を大切にしてくれた人がいる。
 僕は願った。僕のすべてを・・・。

 僕は、今日彼女の所に行く、最後にあの人に会えたら良かったのだけど、叶わないのだろう・・・。
 でも、いい・・・あの人が幸せそうにしているのを何度か見かけた。僕は、それだけで満足だ。

 あいつらも・・・。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    何度か
    あいつら
    すべて
    彼女
    奴ら
    それだけ
    最後

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

ちょっとだけ切ないショートストーリー

第一話
更新日:2019年02月20日
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
どんな小説なのか、ぜひ読んでみてください。

クルミちゃん

どんな小説か…?それは読んでのお楽しみ!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち