見えない手

北きつね

 僕の住んでいる町では不思議な儀式が残されている。

 古くから伝わる儀式には、いろいろな噂がある。

 大人たちは、今年は何かが違ったという。あとからならいくらでも言えることだ。

 今日、僕はその儀式を受ける子供の一人だ。

 何のことはない。海に飛び込んで、船の下を潜ってまた船に上るだけの事だ。

 本当に・・・・それだけのはずだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    儀式
    それだけ
    古く
    大人たち
    一人
    何か
    子供

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

ちょっとだけ切ないショートストーリー

第一話
更新日:2019年02月20日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち