ひとり娘

あさみ

 滋賀県の湖北にある、小さな湖の近くに(桐野 麻衣)という女性が住んでいた。ある日、麻衣は行きつけの喫茶店で宮城県出身の(山中 徹)という男性と出合った。やがて徹から交際を申し込まれるが、一人っ子の麻衣は婿養子をもらわなければならない立場だった。そこで徹が「自分は次男なので婿養子に行くから」と言ってくれたので、麻衣は交際を受けた。

 二人の交際は順調に育まれ、やがて結婚が決まった。式まで残り三か月となったある日、徹の実家で大きな問題が起こり、彼は宮城に戻らなければならなくなる。婿養子の話がダメになり、結婚が延期になった二人の未来は、どうなるのだろうか?

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    婿養子
    麻衣
    交際
    ひとり娘
    一人っ子
    桐野
    湖北
    宮城県出身
    結婚
    滋賀県
    喫茶店
    山中
    二人
    延期
    次男
    立場
    未来
    実家
    男性

    Web Services by Yahoo! JAPAN

お知らせ

文中には、他の作品と同じ観光地が出てきますが、田舎の小さな町なので御容赦ください。
尚、喫茶店・羽衣は実在しません。

目次

サブタイトル  親の想いと、子の想い

ひとり娘
更新日:2018年12月03日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち