ししゃの家 −神隠しの村− (外部サイトで読む

藍上央理

因習や伝説の残る山間の村で、定期的に行方不明者が出る。
あまのじゃくに呼ばれるという神隠しの依頼調査のために、拝み屋である一宮晶良が村を訪れる。
そこでししゃの家と呼ばれる屋敷に住む美しき姉弟と出会い……。
次々と消えていく人々を追ううちに、晶良は陰惨な過去を紐解くことになる——。
因習の伝わる山間の村で起こる不可解な謎に迫る、伝奇ミステリー!

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    神隠し
    因習
    一宮晶良
    あまのじゃく
    伝奇ミステリー
    山間
    行方不明者
    姉弟
    屋敷
    依頼調査
    伝説
    人々
    過去
    うち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち