会社の上司を悪役にした異世界ファンタジーを書いていたら、読者が社長だった (外部サイトで読む

エール

 入社三年目、ダメ社員の土屋(二十三歳)は、上司達にいびられる毎日に嫌気が差していた。ある日、復讐がてらに彼等をモデルとしたファンタジー小説を執筆開始。異世界では全く役に立たない課長代理や、敵役として立ちはだかるセクハーラ・トウゴウ、ヒステリック・ヤマモトなどのハラスメント四天王を登場させ、同僚女子達と協力して次々と打ち倒す。その内容はネット上で評判となり、多くの感想が届くようになった。そしてその読者の中に、偶然にも今務めている会社の社長や同僚女子がいて、現実の仕事や私生活にも思わぬ影響が出始める――。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ハラスメント四天王
    セクハーラ・トウゴウ
    異世界ファンタジー
    ヒステリック・ヤマモト
    同僚女子
    ファンタジー小説
    上司
    復讐がてら
    課長代理
    敵役
    私生活
    社長
    土屋
    彼等
    悪役
    嫌気
    執筆開始
    会社
    同僚女子達
    ダメ社員

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

1件

  • user
  • 緒方敬
  • 読んでスカっとしました。
  • 2018年07月22日 18:32

1件

通報をする

読者への感謝の気持ち