隣の変人さん。 (外部サイトで読む

奈良 遼任

私の名前は、寺阪舞(てらさか・まい)。少しジト目気味であることを除けば、ごく普通のどこにでもいる中学二年生。しかし新学期初日、私の前に転校生の女の子が一人、現れた。その名は、蕗塔彩(ふきのとう・さや)。常識を超える彼女の立ち振る舞いを目の当たりにして、私は一つずつ、忘れていた大切なことを思い出してゆく。

「友達って、何だろう」
「どうなったら私たちは、友達っていえるんだろう」

これはそんな疑問に、私たちが私たちなりに一つの答えを出すまでの物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    てらさか
    変人
    立ち振る舞い
    寺阪舞
    ふきのとう
    目の当たり
    中学二年生
    新学期初日
    蕗塔彩
    少しジト目気味
    転校
    一つ
    私たち
    友達
    常識
    疑問
    女の子
    物語
    答え
    彼女

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち