バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

かずきりゅうま

ドアが開き新しいお客がきた

彼の名前はかずきりゅうまと言った

今日は派遣の仕事が早く終わったので美味しいミルクココアでも飲もうと立ち寄った

カウンターに座ると疲れた顔でミルクココアを注文した

りょうまは回りを見ると、一人寂しく思った。

(いいな、みんな友達や恋人がいて、俺は一人か)

と暗く落ち込んだ。

りょうまは最近自分がうつ病ではないかと思い始めた。

どうすればいいんだろうと真剣に悩んだ

暖かいミルクココアが出されると、ゆっくりと飲み始めた

しおり