逞し令嬢はへこたれない~腹違いの妹に婚約者と聖女の座を奪われた私は、騎士団でメイドとして働いています~ (外部サイトで読む

扇レンナ/華宮ルキ

子爵令嬢セイディは、ある日婚約者である神殿の神官長の息子ジャレッドに婚約の破棄を告げられる。そして、セイディの聖女の力を「偽物」呼ばわりし、新しくセイディの腹違いの妹レイラを聖女兼婚約者にするという。
その結果、セイディは実家の子爵家を勘当され、正真正銘一人ぼっちになってしまう。
だが、セイディはそれぐらいでへこたれるような虚弱なメンタルなどしていなかった。
勘当された翌日。セイディは騎士団の寄宿舎の世話役のメイドを募集していることを知り――応募した。
元より実家で虐げられ、家事業は完璧だったセイディはすぐに採用され、いつしか騎士たちと仲良くなっていく。

しかし、その反面セイディと婚約を破棄したジャレッドはレイラのわがまま三昧に呆れ、セイディとよりを戻そうと画策していた。

最強の騎士団長やら、おかん気質の副団長。弟気質の新米騎士に、気難しい魔法騎士団の団長。さらには孤高の宮廷魔法使いなども巻き込んで、セイディは無意識のうちに最強になっていく。

♢ ♢ ♢

ゆるっとふわっと設定のお話です。

※アルファポリス、小説家になろうにも掲載中。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    セイディ
    ジャレッド
    アルファポリス
    子爵令嬢セイディ
    反面セイディ
    寄宿舎
    腹違い
    レイラ
    息子ジャレッド
    おかん気質
    神殿
    団長
    令嬢
    宮廷魔法使い
    破棄
    偽物
    子爵家
    神官長
    妹レイラ
    騎士団長

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち