黒ダイヤ、地底からの叫び、ガスと炎に襲われた炭鉱夫たちの命。 (外部サイトで読む

上郷葵

 敗戦後の日本の復興と高度経済成長には、エネルギー源として石炭が欠かせないものであった。
 かつての日本には多くの炭鉱が存在し、建ち並ぶ炭鉱住宅には、炭鉱夫とその家族が暮らしていた。
 しかし、ガス突出、坑内火災、落盤事故など、炭鉱は常に死と隣り合わせの世界でもあった。
 閉山が続く炭鉱町で、町の復活をかけて最新の機械を備えた新炭鉱が開かれた。
 そこで働く炭鉱夫たちは、これで安心して暮らすことができると思っていたのだが、突然の事故が彼らと家族を襲うのであった。
 戦後日本の繁栄を支えた名もなき者たち。
 忘れてはいけない功労者たちの姿をここに。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち