ワルシャワ蜂起に身を投じた唯一の日本人。わずかな記録しかない、彼の数奇な人生とは。 (外部サイトで読む

上郷葵

 ワルシャワ蜂起に参加した日本人がいたことをご存知だろうか。
 これは、歴史に埋もれ、わずかな記録しか残っていない一人の日本人の話である。
 1944年、ドイツ占領下のフランス、パリ。
 平凡な一人の日本人青年が、戦争という大きな時代の波に呑み込まれていく。
 彼はただ、この曇り空の時代が静かに終わることだけを待ち望むような男だった。
 しかし、愛国心あふれる者たちとの交流を深めるうちに、自身の隠れていた部分に気づき始める。
 斜に構えた皮肉屋でしかなかったはずの男が、スウェーデン、ポーランド、ソ連、シベリアでの流転や苦難の中でも祖国日本を目指し、長い旅を生き抜こうとする。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち