血と誇り 差別と闘い続けた北海道のアイヌの若者たち。彼らは何を思い、何ものと闘ったのか。 (外部サイトで読む

上郷葵

 物語の舞台は、昭和のはじめの北海道の田舎町である幌川町。

 この町に住む3人のアイヌの青年たちは、家族のため、差別のない新しい時代のためにそれぞれの道を歩み始める。
 力をもって差別と闘う者、金のために危険な仕事に就く者、軍隊に志願する者。
 それでも彼らを対等の存在と認めようとしない心無い者たちの存在。
 戦争という嵐の中、命をかけて差別と闘う道を選んだ青年たちは、いったい何ものと闘ったのか。
 そして、闘うことで残されたものとは何だったのか。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    幌川町
    アイヌ
    軍隊
    差別
    心無い者たち
    戦争
    彼ら
    昭和
    舞台
    田舎町
    物語
    青年たち
    北海道
    若者たち
    それぞれ

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち