先生はわからない (外部サイトで読む

天宮さくら

高校の教師になって初めての年。配属された学校で写真部の顧問を務めることになった柏木秀光は、一人の生徒が気になっていた。その生徒の名前は林田亜樹。彼女は初対面の柏木を敵対視するかのような視線を寄越し、まるで心を開かない。
「先生には、わからない」
冷たい言葉の裏にある気持ち。そしてその真実。
それぞれの見方で変わる人生の棘を表した短編小説。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    冷たい言葉
    柏木秀光
    林田亜樹
    柏木
    初対面
    顧問
    視線
    見方
    短編小説
    教師
    生徒
    高校
    彼女
    先生
    人生
    学校
    それぞれ
    名前

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち