毒を食らったつもりが皿の上 (外部サイトで読む

諏訪ぺこ

「お前は可愛い僕の狂犬(いぬ)だろーーーー?」



葛籠(つづら)彩音は何かに追われていた。それは、ひたり、ひたりと彼女の後をつけてくる。
あんなこと、するんじゃなかった。きっと返ってきたのだ。

逃げる彩音、追う足音。

逃げなければ、と焦るほど、上手く逃げられず……彩音はそれ、に追いつかれてしまう。そして死を意識した時、美しい少女が現れた。
闇夜でもわかるほどの透けるようなプラチナブロンド。

少女は、死神かそれともーーーー?



元傭兵の青年×見た目は美少女でも中身は性悪女王様な男の子(年齢不詳)が繰り広げる、BLホラーファンタジーです。
正義の味方ではありません。主人公の性格は悪辣で性悪です。
ホラーファンタジーなのでグロい部分も今後出てきます。苦手な方はご注意ください。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    つづら
    葛籠
    BLホラーファンタジー
    闇夜
    足音
    悪辣で性悪
    プラチナブロンド
    元傭兵
    性悪女王様
    正義
    青年×
    味方
    男の子
    主人公
    狂犬
    お前
    中身

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち