魔法学園の死刑執行人 (外部サイトで読む

石藤 真悟

 魔法使いは国を守る為に戦う、英雄達。

 そんな次世代の英雄を育てる国立インペリアル魔法学園に通うマックスは、入学前の適性試験で、全属性の魔法が使えるものの、ほとんどの属性で初級魔法までしか使えない、いわゆる器用貧乏な魔法使い……と評価されてしまったことで、魔法使いの名家である実家から追い出されてしまう。

 だが、一年後。
 入学時、器用貧乏と評価されてしまったマックスは、優秀な魔法使いの姉二人と比べられたり、自身の起こした不祥事や遅刻癖などのせいで、学園内で順調に評価を下げ続けるも、何故か最優秀クラスのクラスAに編入を認められていた。

 それは何故か?
 そう……マックスは国や魔法学園上層部の指示で、魔法を悪用する人間を抹殺する魔法学園の死刑執行人となっていたからだった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    名家
    不祥事
    編入
    器用貧乏
    魔法使い
    魔法使い&hellip
    マックス
    遅刻癖
    英雄
    属性
    国立インペリアル魔法学園
    適性試験
    初級魔法
    指示
    魔法学園上層部
    最優秀クラス
    実家
    死刑執行人
    魔法学園

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち