マッチングアプリ (外部サイトで読む

猫文字隼人

冴えない「俺」に同窓会で絡んできたのはイケメンのA。
「俺」はAがアプリでゲットした何人ものセフレとの話を聞かされ、半ば無理矢理マッチングアプリをダウンロードさせられる事に。

帰宅後、酔った勢いで真夜中にマッチングアプリを開き相手を探しているとどういう訳か唐突にAのプロフィールが表示される。
何かのバグかと思いスワイプを続ける「俺」だったが、やがて自身が異常な事態に巻き込まれていることに気がつく。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    スワイプ
    バグ
    セフレ
    半ば無理矢理マッチングアプリ
    イケメン
    A
    事態
    勢い
    マッチングアプリ
    真夜中
    同窓会
    プロフィール
    帰宅後
    相手
    アプリ
    自身

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち