とある男の物語 (外部サイトで読む

水崎 玲

孤独な男ジムニー・ヴォルティスのもとに、一人の男が現れた…。

ジムニーの唯一の趣味は狩猟である。しかし浮気性の妻からは野蛮だと罵られ、子供たちも味方ではない。
仕事でも「親友」を自称する元同期、現在の上司と複雑な関係だ。

そんなジムニーのもとに現れたのはランディと名乗る、どこか貴族的な雰囲気をまとう男だった。
彼らは狩猟という共通の趣味を通じて親しくなる。

しかしランディがジムニーに近づいたのには、とある理由があった。


「小説家になろう」様に掲載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ジムニー
    ランディ
    狩猟
    共通
    親友
    男ジムニー・ヴォルティス
    味方
    上司
    彼ら
    唯一
    元同期
    物語
    趣味
    もと
    小説家
    浮気性
    雰囲気
    理由

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち