ニセモノの白い椿 (外部サイトで読む

橘 かすみ

生田椿31歳 バツイチ。

どうしてもと乞われて結婚したのに、気付けば私の方が捨てられていた――。

「心に余裕がある時は、君の美しさに憧れた。でも、疲れ切って帰った時、君の美しさは、ただただ窮屈なだけだった」

離婚した夫の別れの言葉。

好きでこの顔に生まれたんじゃない。
この顔で皆が勝手に作るイメージを、必死で守って来たのに。

それなのに、私、全然幸せじゃない。

美しい女は得だなんて、誰が言ってるの――?


ふざけんな!!!


そんな破れかぶれの私の前に現れたのは、見るからに軽るそうなチャラ男ーー。



* * *

このお話は、『臆病者で何が悪い!』に登場する生田椿の物語です。『臆病者で何が悪い!』を読まなくても問題ないです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    チャラ男ーー
    バツイチ
    生田椿
    ニセモノ
    白い椿
    臆病者
    余裕
    生田椿31歳
    美しい女
    悪い
    イメージ
    言葉
    お話

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち