異世界ものが書けなくて (外部サイトで読む

真曽木トウル

高校の文芸部に所属する女子高生の稲穂(いなほ)は、一番の読者である幼なじみの真織(まおり)から異世界ものを書いてほしいといつもお願いされる。
だけど、がんばっても考えても、何故かどうしても書けない。

「なぜ僕は、異世界ファンタジー小説が書けないのか?」

ゲーマーじゃないから? 勉強不足? それとも……

大好きな幼なじみのため。
あるいは自分のプライドのため。
はじめての異世界ファンタジー執筆に試行錯誤する、ド文系女子の陰キャ系青春物語。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    hellip
    稲穂
    ゲーマー
    幼なじみ
    プライド
    まおり
    試行錯誤
    真織
    文芸部
    ド文系女子
    陰キャ系青春物語
    異世界ファンタジー執筆
    異世界ファンタジー小説
    勉強不足
    異世界もの
    高校
    読者
    女子高生
    自分

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち