モブでも認知ぐらいして欲しいと思ったのがそもそもの間違いでした。 (外部サイトで読む

行倉宙華

普通の女子大生の私が転生した先は、前世でプレイしていた大好きな乙女ゲームの世界だった。
転生したなら私の願いはただ一つ。
登場人物達には普通に恋をして、失恋をして、普通に幸せになってもらいたい。
そんな物語の進行とか完全無視で、私は登場人物達の幸せ最優先で動いていたんだけど…
これは自分の行いで物語があらぬ方向に進もうとするのを、今度は自分で必死に軌道修正しようとするお話である。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    登場人物達
    女子大生
    そもそも
    物語
    モブ
    幸せ最優先
    前世
    乙女ゲーム
    失恋
    軌道
    認知
    完全無視
    進行
    願い
    方向
    行い
    自分
    一つ
    世界

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち