浜なし農家の伸介 (外部サイトで読む

ハリマオ65

多摩南部で生まれた久保伸介は定時制高校を出て農家の跡取りになると
考えていたが1965年頃、横浜市が港北ニュータウン計画を発表。
翌年、東急田園都市線の溝の口駅から長津田駅が開通し、今迄、橫浜の
田舎と言われた所が注目された。昔は人が踏み入れない広大な山間部が
次々とニュータウンとして宅地化し高層マンションが建ち始めた。
地域の地主は橫浜市が整備した土地と自分の土地を交換し生活が
一変した。その頃、定時制高校を出て工務店の手伝いして過ごした。
久保伸介は多くの人や親友に助けられ人生を生きていく、その後
の展開はいかに、それは、読んでのお楽しみ。
なお、この作品は、アルファポリスに重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    久保伸介
    定時制高校
    東急田園都市線
    港北ニュータウン計画
    浜市
    跡取り
    高層マンション
    土地
    多摩南部
    長津田駅
    工務店
    地主
    浜なし農家
    溝の口駅
    横浜市
    手伝い
    重複
    宅地化
    翌年

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち