華族末裔とロスチャイルド (外部サイトで読む

ハリマオ65

 主人公、木下七郎は旧華族で徳川家の近い由緒
正しき名家の出身。1959年家族が米国旅行を
計画した時、運悪くインフルエンザにかかり、
七郎一人日本に残った。ところが家族が乗った帰国
の飛行機の墜落という悲劇に見舞われ、一瞬にして
七郎がひとりぼっちになってしまった。

しかし木下家では戦前、商社を通じ秘密裏に資産を
スイスの銀行に金地金144kgや米ドルとして保管した。

 第二次大戦後、横浜の外人学校に入り、友人の父
、ロスチャイルド家の末裔、リチャードと運命的な
出会いをして七郎の人生の運が開け米国サンノゼ留学、
一時アップルで働き、日本に戻りロスチャイルド家の
投資データベースをロンドンに送る仕事をした。

 その後資産を6億円で売却し株、為替取引で
大きな財産を作り上げた。

 その後の結婚と子供の誕生したが、やがて七郎
が1人ぼっちで生活することになった。その後、
再婚で人生を歩み始めたが、その直後、襲いかかる
試練と東日本大震災を経験し地震の被災孤児の教育
のために募金活動を通じて社会福祉活動に目覚め、
大きな格安の学生寮のビルを建てた。そんなある日
、七郎が64歳の時、再び幸運の女神が微笑んだ。
(星空文庫、カクヨム、エブリスタ、アルファポリス
、小説家になろうに重複投稿しています。)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ロスチャイルド
    アルファポリス
    七郎
    ロスチャイルド家
    エブリスタ
    旧華族
    金地金
    米国サンノゼ留学
    華族末裔
    ひとりぼっち
    学生寮
    木下七郎
    リチャード
    秘密裏
    資産
    投資データベース
    徳川家
    ヨム
    米ドル
    被災孤児

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち