転ばぬ先の高度な医療検査 (外部サイトで読む

ハリマオ65

 現代の医療技術が進み、特に日本の予防医学の発展
は、多分世界トップクラス。最先端のMRI
「磁気共鳴画像診断」の台数も人口比で世界一。

しかし、首都圏でもこう言う最先端予防医学の恩恵に
預かろうとすると開業医にかかり大病院への紹介状を
書いてもらい大病院へ、病院では数時間待ちで体調を
崩す、ケースも多く、非常に大変なのが現実。

 父の泉田欽一は中央大学工学部の夜間部を卒業
した苦労人で、自分に厳しく子供達にも厳しく
、努力するように教育していた。
 長男の泉田誠一は首都大学を卒業し臨床放射線
技師になり、弟、誠二も橫浜市大医学部に入り、
医者の道を選んで近代的な医療機器を使う、
臨床放射線科の医師として、画像診断をする医師
になった。

 泉田誠一は新しい医療機械を使った高度臨床検査
センター構想を考えたが、2000年には首都圏で
既に密かに高度臨床検査に特化した施設が運用
されていた。その現実を知りて泉田誠一が挑戦
して新しい予防医療を開拓していくという話。
 この後は、本文を読んで皆さんも、それぞれ
考えて欲しい。

この作品は小説家になろう、アルファポリス
に重複投稿しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    アルファポリス
    泉田誠一
    大病院
    高度臨床検査
    泉田欽一
    中央大学工学部
    首都圏
    臨床放射線科
    人口比
    医療
    浜市大医学部
    苦労人
    開業医
    最先端予防医学
    医師
    磁気共鳴画像診断
    誠二
    世界トップクラス
    小説家
    センター構想

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち