沈痛な使用人とポンコツな四人の令嬢~御令嬢に魔法を喰らい続けたら体に異変をきたしました〜 (外部サイトで読む

涼風雫

 超名門貴族であるメリーチ家に使用人として仕えている十五歳のアンドゥーは、幼少の頃に拾われた。そこの一人令嬢ユリアは、アンドゥーを魔法の威力を試すための実験台にしている。

 三年間毎日、それを喰らっていたアンドゥーは、誕生日に体に異変をきたす。なんと、彼女の魔法が効かなくなってしまったのである。彼女の両親の特別の計らいにより、彼は王立学院に彼女と共に通っている。

 三令嬢のリーダーであるマチルダは、ユリアをどうにか追い落としたいと考えている。ついに彼女はアンドゥーに魔の手を伸ばす。

 彼女の仲間にはユリアに匹敵すると評されるアンと魔法力に疑義を持たれているエリーザがいる。

 ある日、彼は屋敷に入り込んだ少女と出会う。

 とにかく、彼は四大令嬢に大いに振り回され理不尽な仕打ちを受けながら騎士を目指し研鑽する。

 彼に魔法が効かなくなったのには理由がある。

小説を読む(外部サイトで読む)
★と感想

★を贈る

星を選択して「いいね!」ボタンを押してください。投票後、「いいね!を取り消す」ボタンを押せばいいね!を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

よろしくお願いします。

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2024/01/23 13:10:12

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
ファンタジーブレインで分析した結果、ファンタジーとの相性は453aiと判定されました。
ファンタジーだけでなく、様々なジャンルの要素が散りばめられているようですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。

全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
全体的に見るとひらがな表記を使用する頻度を調整すると違った見え方になるかもしれません。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
ファンタジーならではの分析結果を是非、小説執筆の参考にしてみてください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
この物語の世界にずっと浸っていられて楽しい時間でした!

基本情報
構成要素分析と相性診断
ファンタジー
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      11文字

      ちょうどいいね

    • 平均句読点間隔

      12文字

      ちょうどいいね

    • 改行までの文字数

      12文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      15.86

      名詞が少ないかな

    • 動詞の出現率

      13.06

      動詞がちょっと多いかな

    • 接続詞の出現率

      0.2781

      ちょうどいいね

    • 受動態の出現率

      0.8305

      ちょうどいいね

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      46.61

      ちょうどいいね

    • 特殊語の出現率

      18.24

      ちょうどいいね

    • 地の文とセリフの割合

      6:4

      セリフが多いかな

    • 空行率

      48.92

      空行が多いかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      69

      標準的な表現力だね

    • 単語の重複率

      27.12

      標準的だね