隠密医者 ~ 時代劇大好き少女がお江戸の町で大活躍 (外部サイトで読む

薮田一閃@江戸でござるよ

『テレビ時代劇は、浪漫たっぷりの、極上のファンタジーなんだよ!』と力説する剣術バカの少女。師匠は謎の剣の達人で、兄弟子は剣道日本一だ。紆余曲折の末に整形外科医となった少女は、若くして波乱万丈の生涯を終えた。気がつくと、なぜか江戸時代。でも、自分が知っている江戸時代とはなんだか少し違う。元・公儀隠密の剣客と、凄腕の忍びという主従に助けられたけれど、今度の人生も一筋縄ではいかないようだ。

現代編の『第一部 剣術バカが行く』、江戸時代(?)導入編の『第二部 隠れ里の少女』、本編始動の『第三部 医者殺し』終了しました。ここからは、お江戸を舞台に、時代劇テンプレっぽい話が続きます。最終章の内容は決まっていますが、完結まで数年ごしになる見込み。

小説家になろう、セルバンテスにも掲載中です。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    剣道日本
    江戸時代
    セルバンテス
    剣術
    剣道日本一
    隠れ里
    兄弟子
    公儀
    紆余曲折
    整形外科医
    ファンタジー
    時代劇テンプレっぽい話
    一筋縄
    隠密医者
    剣客
    最終章
    お江戸
    時代劇大好き少女
    小説家
    主従

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち