内政、外交、ときどき戦のアシュティア王国建国記 ―家臣もねぇ、爵位もねぇ、お金もそれほど所持してねぇ―

たにずき こたろう

突然、父の戦死を告げられたセルジュ=アシュティア。現在、国は乱れて内乱真っ最中。
そんな中セルジュは五歳にして猫の額ほどの領主となる。
だが、領主となったセルジュに次から次へと様々な困難が降り掛かってきたのであった。

セルジュは実は転生者であったが、チートな能力は授かってないし味噌も醤油もマヨネーズも作れはしなかった。そんな状況でも領民の生活を心から守り、豊かにたいと切に思った。

家臣もいなければ爵位もない。そしてなによりお金がないセルジュはどうやってアシュティア領を守っていくのか。

セルジュは平々凡々と暮らしたかっただけなのに、弱小の地方領主だからと襲い掛かる隣の貴族。
気にくわないと言って意地悪をしてくる隣人。

もう何もかもにウンザリしたが同年代の子どもの現実を見た時、セルジュの心に何かが芽生えた。
忠実な家臣を得て、信頼できる友と共に造り上げる王国建国の物語。

家臣が居ないなら募集する。お金が無いなら稼ぐ。領地が無いなら奪い取る。

残念ながら魔法はないけど、その代わりにめいっぱい知恵を絞る!
セルジュは苦悩や挫折をするものの、その進撃は止まらない!


よろしければお読みください。
応援いただけると幸いです。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    セルジュ
    アシュティア
    家臣
    爵位
    領主
    アシュティア王国建国記
    アシュティア領
    内乱真っ最中
    猫の額
    領民
    チート
    マヨネーズ
    地方領主
    お金
    同年代
    領地
    意地悪
    内政
    進撃
    戦死

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品は多くの読者が評価しています。
評価や感想はこのページで付けることができます。

クルミちゃん

クルミはハート3つです!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

よろしければ感想や評価、ブックマークをいただけたら嬉しく思います。