ここは俺に任せて先に行けと言ってから10年がたったら伝説になっていた。

えぞぎんぎつね

 勇者パーティは強力な魔神の大群におそわれた。このままでは全滅必須。
 パーティーの一人、最強魔導士ラックは、敵を足止めすることを決意する。

「ここは俺に任せて先に行け!」「だが……」「なあに、すぐに追いつく」

 ラックは無我夢中で魔神を倒して、倒して倒しまくった。
 特技ラーニングを駆使して、ラックは魔神の魔法を学習していく。
 魔神の能力であるドレインタッチなどを学習し、利用することで休まず寝ずに戦い続ける。

 魔神はどんどん強力になっていくが、ラックも飛躍的にどんどん強くなっていく。
 魔神がわいてこなくなるまで、ラックは10年戦い抜いた。

 王都に帰ったラックは驚く。
 自分の名前が通貨単位となり、かなり美化された巨大な像が建てられてしまっていた。
 
 そして、生命力吸収を使いまくったせいで、若返ってしまっている。
 年齢にそぐわぬ外見。飛躍的に伸びた能力。
「目立ちすぎる」

 ラックは正体を隠し、ただの初心者冒険者のふりをすることにした。
 Sランク魔導士なのに、Fランク戦士に偽装したラックの、平和になった(?)世界での冒険が、いま始まる!

小説を読む(外部サイト)
ツギクルくん

この作品を評価した読者がいますよ。
ファンが付いているのかもしれませんね。

クルミちゃん

どんな評価になっているのかな?

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

2件

  • user
  • ダッチー
  • 今期一押しの作品です。チート作品ですが、とても読みやすく続きがきになる作品です。
  • 2018年07月09日 22:39
  • user
  • 蘭々
  • ラックファン、怖いですね。宗教みたいになってそうです。
  • 2018年06月22日 22:05

2件

通報をする

読者への感謝の気持ち