見上げてごらん、夜空に輝くあの星を

楠葉維鶴/izuLu

6年ぶりに地元へ帰ってきた俺は、小学校の時の幼馴染と偶然の再会を果たしてしまう。同じ高校で、同じ部活で、同じ時間を過ごしていくうちに離れていた二人は再び惹かれあっていく。止まった時計の針が今動き出す。

目次
ツギクルくん

この小説について紹介しているページです。
気になったら是非読んでみてください。

クルミちゃん

ハマっちゃうと寝られないから。ご注意!

評価と感想

作品を評価する


  • 星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

  • 感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち