家事力0の女魔術師が口の悪い使用人を雇ったところ、恋をこじらせました (外部サイトで読む

錦織 理美

ミレーネは自らの魔術に関しては誇りを持つ、凄腕の魔術師である。
市長付き魔術師として高給を取り、自身の知識をさらに増すために日々研究に打ちこんでいる。
魔術以外のことが全ておろそかになるほどに。

いつの間にやら、できあがったのは散らかり放題の汚い屋敷。

その混沌を何とかするために、使用人を雇うこととなった。
ちょっとした縁で知り合った、仕事はできるが目つきと口の悪い男。

自分は魔法以外何の取り柄もない、何の魅力もない魔術師だから、男の人と二人で一つ屋根の下で暮らそうが何の問題もない。
そう予測していたミレーネの生活は、あらゆる意味で変化した。

汚い家は片付いていくが、相対するように心はこんがらがっていく。

これは、気持ちを伝えることが下手な二人がおっかなびっくり手を伸ばす、不器用な男女のラブストーリー。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    ミレーネ
    魔術師
    市長付き魔術師
    取り柄
    目つき
    悪い使用人
    高給
    汚い屋敷
    ラブストーリー
    凄腕
    女魔術師
    魔術以外
    二人
    一つ屋根
    誇り
    放題
    魔法以外何
    日々研究
    男女
    汚い家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち