バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

1話 まるでライトノベルのような展開だ

 また落ちた。これで30社目だ。もう疲れた。
 携帯で求人サイトを閲覧するのにも、履歴書を書くのにも。
 電話を掛けるのにも、電話を待つのにも。全てに疲れた。
 このまま永遠に就職できないのかな。どうしよう。
 絶望に打ち拉がれながら、肩を落として自転車を漕ぐ。
 真冬の北風が頬を切り裂く。茶色いコートを羽織った体が震える。
 白い溜め息が渦を巻いて消えていく。寒い。早く帰って暖を取ろう。
 帰宅を急ぐべく、背筋を伸ばして、ペダルを漕ぐ両足に力を込める。
 前後のタイヤが音を立てて回る。
 速度を上げた自転車が2階建ての建物の前を通り過ぎた、その時だった。
 何となくその建物が気になったから、自転車を止めて道路に両足を下ろした。
 白鳥ユリ・マリ探偵事務所。
 白い看板が入口の右端に掲げられていた。
 ここ、探偵事務所だったんだ。知らなかった。
 買い物へ行く時に前を通ってはいたけど、気にも留めてなかったから。
 ぼんやりと眺めていると、扉に貼られたビラに目が留まった。
 黒いマジックで大きく書かれた文字。
 助手募集! 白鳥ユリ・マリ探偵事務所。
 ビラに書かれた文字はたったのそれだけ。
 仕事の内容はおろか、正社員なのかアルバイトなのかすら書いてない。
 これは求人広告としてどうかと思う。
 呆れ顔で見ていたけど、次第に興味が湧いてきた。
 いつの間にか、全身に漂っていた絶望感は消え失せていた。
 何を隠そう、僕はミステリーマニアだ。
 子供の頃からミステリーが好きで、飽きもせずに推理小説ばかり読んできた。
 駄目で元々だ。帰ったら電話しよう。

 マンションに帰り着くなり、僕は部屋で携帯電話を掛けた。
 赤々と灯る電気ストーブの前で正座しながら、鳴り響くコール音に耳を澄ます。
「はい。白鳥ユリ・マリ探偵事務所です」
 透き通った女性の声が電話から聞こえてきた。
 緊張の余り、携帯を握る左手に力が入る。
「あの、募集広告を見てお電話をさせていただいたのですが……」
「あっ、助手志望の方ですね。お名前を教えていただけますか?」
「ユウキです」
「ユウキさんですね。面接の日取りを決めたいのですが、いつ頃がよろしいですか?」
「いつでも大丈夫です」
「では、明日の午後1時はいかがですか?」
「はい。大丈夫です」
「では明日、履歴書持参で事務所までお越しいただけますか?」
「分かりました。よろしくお願いします」
「こちらこそ、よろしくお願いします」
 携帯を畳んで赤い絨毯の上に置く。
 電話が終わるのを待っていたかのように、電気ストーブのスチームが音を立てた。
 探偵の助手か。合格するといいな。
 たぶん落ちるだろうけどさ。

 面接というのは何度受けても緊張する。
 もちろん、受験やアルバイトも含めて面接は何度も受けてきた。
 だけど、慣れるものでもないようだ。
 その証拠に僕はソファーの上で震えていた。
 握り締めた拳は接着されたように膝の上で固定されている。
 しかも、向かいのソファーに座るのは女の子ふたり。
 女の子と喋るのは苦手だ。
 それにしても、この子達が探偵というのはにわかに信じがたい。
「えっと、ユウキさんですね」
 左側の子がテーブルの上の履歴書と僕の顔を見比べて聞く。
 透き通った声には聞き覚えがあった。
 そうだ。昨日、電話で話した女の人だ。
「はい」
 思わず声が上ずり、膝の上で握り締めた拳に力が入る。
「私は白鳥ユリです。この子が双子の妹の白鳥マリ。ふたりでこの白鳥ユリ・マリ探偵事務所を運営しています」
 ユリさんは御辞儀をしてから隣に座る子へ視線を送る。
 左側のロングヘアの子が白鳥ユリさん。
 右側のセミロングの子がマリさんらしい。
 ユリさんはお嬢様のような、お淑やかな雰囲気を醸し出している。
 一方、マリさんは気の強そうな顔をしている。
 双子か。どうりで顔が似ているはずだ。
「早速、質疑応答に移らせていただきますね。探偵の助手という、このお仕事を志望されたのはどういった動機からですか?」
「はい。僕は昔から推理小説が好きで探偵に憧れていました。だけど、推理力は無いので探偵は無理だと思いました。そこで当社の募集広告を見て、助手ならということで応募させていただきました」
「なるほど。そうですか」
 二回三回と頷くユリさん。好印象を与えられたのだろうか。だといいけどさ。
「ご住所はマンションになってますが、独り暮らしですか?」
「はい。そうです」
「特技の欄にお料理とありますが、自炊されてるのですか?」
「そうですね。月に数回は外食にしますけど、ほぼ毎日作ってます」
「何が得意なの?」
 マリさんが世間話のような軽い口調で質問してきた。
 頭の後ろで両手を組みながら、ソファーの上でふんぞり返っている。
 およそ面接官らしくない態度に戸惑いながらも、僕は平静を装って答える。
「そうですね。一応、何でも作れますけど……」
「なんでも?! やるじゃない!」
 頭の後ろで組んでいた両手を膝の上に乗せて、跳び上がるように体を起こす。
 食欲旺盛なのだろうか。すごい食いつきようだ。
「あっ、ユウキさん。もし採用ということになればここに引っ越していただいて、私達と一緒に住んでいただくことになるのですよ。その辺は大丈夫ですか?」
 衝撃の事実を告げられて、僕は絶句した。
 簡単に言うと住み込みで働くということか。
 つまり、この子達と寝食を共にするわけだ。
 まるで、ライトノベルのような展開だ。
 いや、まだ採用されてないけどさ。
「無理、ですかね?」
 首を擡げて僕の表情を伺うユリさん。滑らかな金髪がさらりと流れる。
 女の子ふたりと一緒に住むのは恥ずかしいけど、そんなことも言ってられない。
 就職難のこの時代、食べていかないと。どんな仕事でも、ないよりマシだ。
 怪盗になってシルクハットをかぶるくらいなら、探偵の助手になる方が断然いい。
「いえ、問題ありません。大丈夫です」
「そうですか。あと、お給料は25日締めで月末に手渡しでお渡しします。では、ユウキさんの方から何かご質問はありますか?」
「えっと、探偵の助手というのは具体的にどういったことをするのですか?」
「お仕事はお料理を作っていただいたり、お洗濯とかお掃除とかですね」
 どんな仕事かと思えば家事全般か。
 探偵の助手というより家政婦だ。
 だから、さっき料理のことを聞いてきたのか。
「あと、事件の記録をして貰うのもいいかもね。ワトソンみたいにさ」
 マリさんがいかにも今、思いついたように手を叩く。実際、思いつきだろう。
「そんな所ですけど、問題はありませんか?」
「はい。家事は全般的に得意なので大丈夫です」
 僕は自信に満ちた声を発しながら、大きく頷いてみせる。
「いいよね?」
「いいんじゃない?」
よく似た顔を突き合わせて、笑みを交わすユリさんとマリさん。
 もしかして、と期待に胸が膨らむ。
「よーし!」
 ユリさんとマリさんの顔が素早く僕へ向けられた。
 二本の腕が同時に振り上げられる。
 ユリさんは左腕を、マリさんは右腕を。
「採用決定!」
 ユリさんとマリさんは僕を指差しながら、声を揃えて叫んだのだった。
 まるでライトノベルのような展開だ、本当に。

しおり