バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第5話 僕は漢の為に頑張るよ! (2)

だから、湯殿を二人で仲欲堪能してさ、衣服を着て移動しているのだけど。まだね、僕の呂布ママは、こんな感じで甘えて外れてくれないの……。

 でもね、僕凄いでしょう?

 一騎当千、万夫不当の戦姫に勝利をしたんだから!

 う~ん、でもまあ、もしもね、最初っから呂布ママだと気づいていたら、多分あの場を慌てて駆け足て逃げていたと思うけど? (笑)

 只単に先程も述べた通りで、貂蝉さんと勘違いしただけなんだけれどね。

 と、まあ、僕も何度も述べるけど。本当に美しいよ。僕の呂布ママは、史実でも呂布と貂蝉の二人は美男美女と書いてあるのを見た事があるけれど。実際に女性バージョンがこんな容姿だから。本当何だと関心をした。

 でもね、あんまり褒めると、僕の閣下がやきもちをやいたらいけないから。程々にしておくよ。でないと……。この電子の世界では、貂蝉さんが原因では無くて、僕が理由で二人のママが仲違いしたらいけないから。

 と、いうか、それはないんだよね……。実は僕がこの世界に召喚された最大の理由を閣下が教えてくれたけれど。《《家族の和》》は呂布ママの事を指していたみたいなんだ。それにさ、何故だか解らないけれど。閣下は自分自身がどのような事を行って、周りに恨まれて殺害されたのかも解っている感じだったよ。
 


しおり