バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

異世界人、失踪する(中編)

「この間、ユーさんと一緒に平舞台の刑事物を見てただよ」

 ナマリさんは刑事モノ好きだからなぁ。
 ボクも異世界時代劇にはちょっとうるさいが。

 というかナマリさん、ユーさんと一緒に平舞台を見るほどの仲になってたのか。
 寮は男女別だから、どこで見たのかが気になる所だが、まぁそれはさておき。

「それで、その最後の方のシーンでユーさんがつぶやいただよ。ここ行ったことがある、って」

 ああ、刑事モノで定番のあの印象的な崖のシーンか。
 記憶喪失の彼が知ってる、数少ない知ってる場所だというなら、確かに行方不明になってる今足を運んでる可能性はあるな。

 ただ、ここからあの場所まで結構距離があったような。

「新幹線と特急乗り継いで二時間半って所かしら。じゃあ、みんな行くわよ」

 工場長は簡単に行ってのけるが……えっ、会社は??

「会社とユーちゃん、どっちが大事だと思ってるの!」

 ああ、たしかにそうなんだけど。でも、おおっぴらにそんな事を行ったら。

「オレも、行きます」

 ほら、ブリキがまた不機嫌に……って、ええっ!?

「なんだアルミ缶、オレが同行するのがそんなに驚くことか?」

 いや驚くことですよ今までが今までだし。こりゃ明日雪が降るかな。

「おいアルミ缶、後で説教な」

 というブリキの小言は無視するとして、かくしてボクラは会社総出でユーさんを迎えに行くことになった。

    → → → →   → → → →

 そして電車を乗り継いで二時間後。
 我々一行、プラス活弁士の時任チタンさんは目的地に到着した

 観光地としても有名なこの崖は、夏休み中ということもあって多くの人で賑わっていた。
 日本随一の奇勝とも呼ばれ、その奇妙で特徴的な岩々が独特の雰囲気を形成し”物語映え”する場所である。
 
 海に近い事もあり、地元特産品として有名なカニを始め海の幸を売る店が多く並ぶ。
 見てるとお腹が空いてくるが、今はソレどころではないな。
 とりあえずユーさんみつけたら、心配掛けた料としてたっぷり奢ってもらおう。

 しかし、それにしても。ここは刑事モノで見てた感覚以上に範囲が広いな。

「手分けして、探しましょうか?」

 そう工場長が提案し、ボクらは3班ほどに分かれて捜索を始めるのだった。

しおり