バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

せ・青春

せ・青春
青春
 季節の春を表す言葉だ。
 そして、生涯において若く青年時代を表す言葉だ。
 そして、元の言葉には
 他にも朱夏 白秋 玄冬
 という言葉がある
 この言葉は夏目漱石の三四郎から広まった。

 だが、なんだろう少し違う気がする。
 2200年になった今の時代、
 僕たちは人生130年時代となった。
 小学生の頃から勉強勉強で学校が終わるのが五時。
 中学校からは塾をして終わると10時になることがほとんどだった。
 そして高校は学校が終わるのが次の日になってる。
 大学も同じだ。
 みんな睡眠圧縮剤でほとんど眠らなくて住むからだ。
 そしておとなになってからは1日18時間労働。
 この生活を110歳までやる
 ここまでやってやっと仕事から離れられる
 だが代償としてほとんど体が動かなくなってしまっていて、
 何もできない人がおおい

 正直言って死ぬ数ヶ月前が一番楽しい。
 だがら人生は玄冬であるといったほうがいいと思う。
 一番人間らしくいられるからだ。
 

しおり