バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

 第11話  【メタルハート 11話 記憶】

 メタルハート 11


 著者:pirafu doria
 作画:pirafu doria


 第11話
 【メタルハート 11話 記憶】




 アイサは自分が斬られたことを知った。



 身体が痛む。死の恐怖も感じる。だが、自分のことよりも……。



「ロウ!! ロウ!! 返事をしなさい!!」



 さっきから隣で倒れている。ロウに目が入った。



 倒れてから全く動かないロウを見て、ダードゥは言う。



「うーむ。手加減はしたつもりだったんだけどなぁ。まぁ、一人残ってれば情報は聞き出せるか」



 ダードゥは頬を掻いてやれやれという顔だ。



「ロウ!! ロウ!! 起きなさい!! ロウ!!」





 ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎ ⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎⭐︎




 声が聞こえる。俺を呼ぶ声が……。



 懐かしい声だ……。





 緑生い茂る森の中、俺は倒れていた。



 何があったか分からない。だけど、左目が痛むのと、人々の悲鳴が頭の中に残っていた。



 気がつくと俺はベッドの上にいた。天井は木造で近くには窓がある。窓からは日差しが入ってきていて、鳥の囀りが微かに聞こえる。



 俺は立ち上がろうとしたが、身体が動かない。



 左目の痛みはないが、身体中が焼けるように痛かった。



 しばらくすると、部屋の扉が開かれて、そこから一人の少女が入ってきた。



 水色の長髪で薄汚れた黄緑色の服を着た村人の少女だ。



「あ!! 大丈夫?」



 少女は俺の姿を見て、すぐに近づいてきた。



 俺は動かない体を無理して動かそうとする。それは人を恐れるように。



「待って、動いちゃダメだよ」



 少女はベッドで暴れる俺を安心されるように手を握った。



「大丈夫。大丈夫だから」



 怯える俺を落ち着かせようと……。



 それからしばらく少女は俺の手を握って、落ち着くまで一緒にいてくれた。



 俺は少しずつ落ち着きを取り戻す。



「待ってて……。お父さん呼んでくるから」



 少女はそう言って俺から手を離す。そして父を呼ぶために部屋を出て行こうとする。



 俺はその少女が行ってしまったら、また一人になってしまう気がしてしまう。



 しかし、少女は俺の方を振り向くと、笑顔でこちらの方を向いた。



「大丈夫。すぐに戻って来るから」



 その言葉と表情が俺に安心を与えてくれた。



 それからその少女の父親がやってきて、それの症状を見た。



 俺は大きな怪我をしていたのか。身体中が包帯で巻かれており、父親が看病をしてくれている間、少女もずっと近くにいてくれた。



 それが彼女との出会いであった。




 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



 今回からちょっと過去編のエピソードになります。この出会いが何に繋がっているのか。



しおり