バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

第18話 『テロリストじゃァァァァ!!』



 店に戻ってきたアキラ達は店内に設置されたテレビでニュースを見ていた。



「へ〜、大企業の社長を人質に立て篭もる……。やべー奴もいるなー」



 煎餅を齧り、他人事のように見ていたアキラ。



 そんなアキラの元に武装をしたババアが現れる。



「とも子さん!?」



 エプロンに右手にはスリッパ、左手には布団叩き。老眼の眼鏡をかけて、アキラに言う。



「決戦に出かけるんじゃァァァァ!!」



 ババアはアキラを抱えると、ジョナサンと共に店を後にした。



 とも子達がやって来たのは、ジェイナス本社の隣にある小さなアパート。アパートのある部屋に入るとそこには迷彩服を着た男がいた。



「待っていましたよ。とも子さん」



 それを見たアキラは指を指して叫ぶ。



「テメェは万引き犯!?」



「あの時は申し訳ありません。でも、全ては奴に復讐するためなんです」



 アキラは頭に疑問符を浮かべる。だが、男は質問には答えない。



「そういえば自己紹介をしてませんでしたね。僕は足立 茂(あだち しげる)です。よろしく」



 自己紹介をしたシゲルはアキラに握手をしようと手を伸ばすが、アキラは戸惑いその手を取ることはできない。



 その横からジョナサンがシゲルの手を取った。



「イエス。仲良クシマショウ」



 なんだかよく分かっていなさそうだ。
 そんなやりとりをしている中、ババアは窓から外の様子を見る。



 外にはジェイナスを占拠したデパートヤマネを捕らえるべく、多くの警察が隣のビルを囲んでいる。



「それでお主は何をやる気なんじゃ?」




【後書き】

 続く

しおり