バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

6 フメツノヤエバ

「最近、日本では我が一族がの名が売れているらしいな」
 ルーマニアのトランシルヴァニアにあるブラン城で、ドラキュラ伯爵は執事にそう言った。

「どういうことでしょう、伯爵?」
 執事は〇〇入りの赤ワインを、ソファーテーブルに置いた。

「日本では『フメツノヤエバ』が有名になっておると聞く。
 我が一族の象徴、牙のことでことであろう」
 伯爵は妖怪ネットで、裏世界の世界情報を見ている。

『不滅の八重歯』ではなく『鬼滅の刃』だぞ。
 伯爵もボケたか・・・。永遠の命にも困ったものだ。
 執事は伯爵の勘違いを正そうとはしなかった。

(了)

しおり