バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

10


「失礼します。今日は、何のご用でお呼びしたのでしょうか?」

 ルイが代表して尋ねてくれた。
私とシンは、正座をしながら緊張した面持ちで聞いていた。
 するとキョウ様は、静かに本を閉じた。
そしてセイ様に本を渡しながらチラッと私を見た。

「何……カレンも大きくなった。
 そろそろ学校にでも行かせたらどうかと思ってのう」

 学校……!?
まさかキョウ様の方から学校の話が出るとは!!
 驚いたが、これは切り出すチャンスかもしれない。

「……それでしたら準妖精の子供専用の学校がありますので、そちらに行かせようかと」

  えっ……?
ルイの発言にそんなぁ……と思った。
 どうやらルイは、私が人間界の学校に行くのには反対らしい。ルイは、心配性だから。

「あそこはサイズ的に合わないだろう?
 カレンは、すでに大きいからのう。
そこでだ。私は、カレンを人間界の小学校とやらに通わせようかと思ってのう……?」

 まさかのキョウ様からの言葉を貰う。
キョウ様の方から人間界の学校に通ってもいいと言って下さった。
 驚いたが嬉しい……。
しかし、それに対して反対したのは、キルア様だった。

「キョウ様……本気ですか!?
 あんな危ないところにカレン1人で通わせるなんて危なすぎます!!」

「そ、そうですよ!
もしカレンの身に何か遭ったら大変です!!」

 キルア様の発言に同意するルイだった。
2人は、私が学校に行くのは、どうしても納得がいかないようだった……。
 だがキョウ様は、クスッと笑った。

「そなた達は、心配性よのう……。
 見たところ……カレンは、まだ能力を発動しておらぬ。
 それは、刺激が足りないのであろうな。
ここは、平和だが刺激が足りないからのう……?
 そこで外からの刺激で、その能力を目覚めさせようと思ってのう。
 そうしなければ一生目覚めぬだろう……」

わ、私の能力が……目覚めない!?
確かに……未だに私の能力が何なのかは、分かっていない。
 ルウトやサリーは、すでに能力が目覚めているのに。
成長が少し遅れているだけだろうとルイは、慰めてくれたけど……。
 それって影響が足りないからなの!?

 意外な真実を聞かされてショックを受ける。
一生目覚めないなんて困る。
 それだと一生私は、正妖精にはなれないから……。

しおり