バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

電話

カウカウくんたちがお家につくと、リビングのソファーに座りくつろいだ。


ママは夕食の支度に取りかかった。


カウカウくんは今日の出来事を思い出したが、もはや悲しくはなかった。

30分もすると電話がかかってきた。

ママは(今忙しいから出て)と言う。


カウカウくんは(ハーイ)と言いながら電話に出るとピースケくんだった。

カウカウ

(はい、カウカウですけどどなた)

ピースケ

(やあ、こんばんは、カウカウくん、僕だよ)

カウカウ

(やあ、ピースケくん、さきぶりだね、どうしたの)

ピースケ

(あのね、カウカウくん、僕ね、電動つき自転車借りられることになったよ、君もね、ママに頼んでみたら、どうやらレンタル代、1ヶ月3800みたいだよ)


それを聞いたカウカウくんは驚いた

(えっそんなに安いの、だってさ、ようくん、レンタル代高いって言ってなかった)


ピースケ

(そうなんだよ、あの子、嘘つきだね)

カウカウ

(そうか、確かに嘘つきだね、まあいいか、僕ね、もうレンタルしないよ)

それを聞いたピースケくんは驚いた。

(なんで、どーしたの)

カウカウ

(あのね、今日さ、ピースケくんと別れたじゃない、実はね、僕、あの後落ち込んでたんだ)

ピースケ

(それで)

カウカウ

(それでね、僕が落ち込んでいたらさ、今日転校してきた人間のゆーくんがさ、慰めてくれたんだよ、それでね、彼の話を聞いてたらバカらしくなったんだ、それにね、レンタルしたらさ、もうみんなでバス乗れないしね)

ピースケ
(あっ、そうか、それはいやだな、わかった、カウカウくん、僕もレンタルしないことにするよ、みんなでバス乗りたいもんね)

カウカウ

(うん、そうだね、それが一番いいよ)

ピースケ

(ところでさ、そのゆーくんて、いい人)

カウカウくんは笑顔で言う。

(うん、とてもいい人だよ、優しいしね、明日彼も一緒に乗るから紹介するよ)


ピースケくんは笑顔になった

(ありがとう、カウカウくん、あしたが楽しみだね)

カウカウ

(うん、じゃあ、僕はご飯食べるから切るね)

ピースケ

(わかった、またね)

と言って、二人は電話を切った。

しおり