異世界転生ジャッジメント (外部サイトで読む

天宮さくら

俺はとても絶望している。この世界じゃ魔法は使えない、チートでもない、学力は平凡、特技はない、容姿はパッとしないし、目立った経歴は皆無。親が億万長者でもないし、有名人でもないし、毒親で人生メチャクチャなわけでもない。安定的に低空飛行、飛び抜けてどこかに行けるわけでもなく、将来に夢も希望も抱けない。
だから俺は突撃してくるトラックから逃げなかった。もし運が良ければ、女神が俺を異世界に転生させてくれるかもしれないから。そう思って俺はトラックに撥ねられ───この日から俺の運命は回り出す。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    チート
    低空飛行
    特技
    学力
    容姿
    異世界転生ジャッジメント
    女神
    経歴
    人生メチャクチャ
    運命
    毒親
    魔法
    将来
    億万長者
    異世界
    トラック

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち