クリムゾン・コート・クルセイド

アイセル

21世紀初頭、突如として謎の機械生命体――ウィッカー・マン――が、出現する。
既存の兵器を物ともせず、生活圏への侵食を開始した。

カナダ、バンクーバー。その第一種接近遭遇を果たし、ウィッカー・マン対策を担う人材や技術の集う都市。
河上サキは、高校生でありながら、ある事情からウィッカー・マンを倒す技術を得る為に、バンクーバーに渡る。
彼女が命の危機に瀕した時、青年が突如として現れた。
ロック=ハイロウズ。またの名を「紅き外套の守護者」(Crimson Coat Crusade)
ウィッカー・マンにより滅亡しかけた欧州を救った青年の名前だった

以下のサイトでも掲載しています。

・小説家になろう
・カクヨム
・エブリスタ
・アルファポリス
・マグネット

※4月より、毎週金曜日の午後7時頃に更新致します。

旧題.Crimson Coat Crusadeより改題しました。
(2019年3月29日より)

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    Crimson Coat Crusade
    ウィッカー
    アルファポリス
    ウィッカー・マン
    バンクーバー
    ハイロウズ
    エブリスタ
    またの名
    河上サキ
    クリムゾン・コート・クルセイド
    生活圏
    ウィッカー・マン対策
    青年
    守護者
    ヨム
    マグネット
    機械生命体
    外套
    小説家
    侵食

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次

第一章 An Oracle Or Omen

吉凶-①-
更新日:2019年03月28日
吉凶-②-
更新日:2019年03月28日

第四章 A Night For The Knives

刃夜―①―
更新日:2019年04月24日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち

AI分析による作品総評

ツギクルくんから

2019/04/20 22:10:07

いつもWEBコンテンツポータル「ツギクル」をご利用いただき、ありがとうございます。
恋愛ブレインで分析した結果、恋愛との相性は527aiと判定されました。
恋愛だけでなく、様々なジャンルの要素が散りばめられているようですね。
文章のバランスが良く、読みやすいと感じました。
全体の印象からすると、ミステリーの要素も多くみられますので、より意識してみても良いかもしれません。
全体のバランスを考えて、うまく文章構造を組み立てられています。
漢字にする部分・ひらがなにする部分のバランスを見直してみるともっとよくなるかもしれませんね。

楽しい仕掛けたっぷりの作品で、大満足でした。
各種分析結果や類似作品も是非ご覧ください。これからもツギクルをよろしくお願いします!
夢中になって読んでしまいました。作品に対する情熱を感じました。

基本情報
構成要素分析と相性診断
恋愛
  • 文章の読みやすさ

    読みやすい読みにくい

    • 一文の平均文長

      19文字

      一文が長いかな

    • 平均句読点間隔

      19文字

      句読点の間隔が長いかな

    • 改行までの文字数

      17文字

      ちょうどいいね

    • 名詞の出現率

      32.79

      名詞が多いかな

    • 動詞の出現率

      7.82

      動詞が少ないかな

    • 接続詞の出現率

      0.2564

      接続詞が多いかな

    • 受動態の出現率

      0.6918

      受動的かな

  • 文章の傾向

    硬い軟らかい

    • ひらがな出現率

      28.75

      ひらがなが少ないかな

    • 特殊語の出現率

      16.35

      記号などが多いかな

    • 地の文とセリフの割合

      9:1

      セリフが少ないかな

    • 空行率

      0.00

      空行が少ないかな

  • 文章の構造

    複雑シンプル

    • 異なり形態素比率

      68

      表現力がかなり豊かだね

    • 単語の重複率

      20.05

      かなり多くの単語 を使っているね