バナー画像 お気に入り登録 応援する

文字の大きさ

一人ぼっち

「あー、寂しいな」

ミーさんは散歩をしながら考えていた。

回りの公園の景色は美しく、いろおろな動物たちが、カップルでいたり、遊んでいたりしていた。

ミーさんは、他人とコミュニケーションをするのが得意ではなかった。

はじめはそれでも友達が何人かいたが、やがて離れていった。

ミーさんはベンチに据わるとため息をついた。

ふと、空を見上げた。

美しい青空は今日も光輝いていた。

「僕はこれからずーと一人ぼっちなのかな」

そう考えると、ミーさんは下を向いて涙がこぼれ落ちた。

たくさん泣くと、少し気分が晴れた。

ミーさんはとぼとぼと家に向かって歩きだした。

色々考えてみると、一人ぼっちの時間のほうが多かった。

両親は早くなくなり、高校生の時からアルバイトをして、生計をたてていた。

あれから時がたち、もうミーさんは30歳になっていた。

毎日寂しかった。

誰かと話したかった。

しかし、職場にはおらず、かえるといつも一人でいた。

友達もあまり話が苦手なミーさんとは、長らく友達として付き合うことはなかった。

家につくと、ポストに一枚の紙が刺さっていた。

「紙か、なんだろう」

ミーさんは紙をとると家には言った。

台所に行き紅茶を作ると、椅子に座って先程の紙を見ていた。

紙にはこうかかれてあった。

「お悩みごとを相談、解決、大魔法使いダール事務所、ご相談無料、魔法の以来は金貨100枚から受け付けております。
場所、カルダルの丘にあります。」

と書かれていた。

ミーさんは思った。

「悩みごとを魔法で解決か、本当かな、でも、新手の詐欺かもしれぬいな」

ミーさんはそう思ったが、この魔法使いに悩みごとを相談するかどうか、迷っていた。

なんといっても金貨100枚からだからであった。

ミーさんはタンスの引き出しを開けると、そこから銀行の通帳を取り出してみた。

貯金は金貨120枚ほどあった。

「どうしょうかな」

それからミーさんは8時間ほど悩んだあげく、この魔法使いに悩みごとを相談することに決めた。

しおり