空き缶を蹴飛ばせば世界は終わる。 (外部サイトで読む

乃神レンガ

バイトに落ちて自転車も盗まれ、しまいに犬の糞まで踏んで不運続きの主人公。
その苛つきを落ちていた空き缶を蹴っ飛ばして八つ当たりをしてしまう。
その結果、世界は終わりを迎えた……という夢を見た。
しかし、夢の内容が現実でも起こり始め、主人公は何を思ったのか、最後に空き缶を蹴ることを回避する。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち