氷結世界のロルド (外部サイトで読む

乃神レンガ

まるで水面が氷結するかのように、世界は氷で満ちていた。草木や家、人々までもが氷の彫刻となり果て、最早国々すらもまともに機能はしていない世界で、とある農村に住むロルドが氷の彫刻から目を覚ます。自分以外に生きている人間を求めて世界を彷徨い、疲れもせず、喉の渇きや飢えすら感じない体に違和感を覚えながらも、ようやく自分以外に生きている人間を見つけて歓喜する。しかし、理想とは裏腹に敵とみなされたロルドは、その後何とか逃げ切って先へと進み続け、とうとう見つけた。人々の住む城塞都市が今まさに、氷の獣の群れに襲われている現実に。

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち