天使の才能

WK2013

「天使に会いたくば図書館に行け」。知的でボーイッシュな彼女の容貌が、夢に出てきた天使に重なった。ボクは図書館情報学を学ぶ大学院修士課程の1年生。学部2年生の彼女と4月に出会い、いろいろな場所でいろいろな話をする。教授の研究室で、キャンパスのカフェテリアで、彼女のバイト先で。会話を重ねるにつれて、ますます彼女に魅かれていくボク。晴れ渡る青空。天使の微笑み...そんな二人の一学期+αのお話し。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    カフェテリア
    容貌
    大学院修士課程
    キャンパス
    青空
    ボク
    才能
    教授
    天使
    一学期+&alpha
    会話
    ば図書館
    学部2年生
    彼女
    バイト先
    図書館情報学
    研究室
    1年生
    場所

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む
更新日:2022年01月29日
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち