うさぎに恋をした

睦月桜玖空


 いつのまにか、うさぎを追いかけるようになっていた――。

 保健室登校をしている女子高生・久高澪。赴任してきたばかりの副担任の櫻井雪兎。彼を知らない澪。彼女を知っている雪兎。特別補習を通じて、それぞれの関係が明らかになっていく――。

「私たち、今日が初対面だよね……?」

「初対面だと思うよ? たぶんね。……けど、俺は澪を知ってるよ」

 知らない。
 本当に何も知らない。思い出せない。
 それなのに、どうして、私のことを知ってるの?

 夏休みを控えたある日。
 久高澪が出会ったのは、自分のことを一方的に知る、うさ耳パーカーが似合う男性教師・櫻井雪兎だった。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    初対面
    特別補習
    久高澪
    櫻井雪兎
    副担任
    雪兎
    うさぎ
    耳パーカー
    保健室登校
    男性教師
    彼女
    それぞれ
    夏休み
    女子高生
    関係
    私たち

    Web Services by Yahoo! JAPAN

目次
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち