目が覚めると、そこは15年前の自分の家でした。 (外部サイトで読む

木原 直輝

 朝、目を覚ますと何故か15年前の自分の家へとタイムスリップされていた。

 ――まだ赤ちゃんのもう1人の俺。
 ――現代より若い親。
 ――昔見ていた町並み。
 どれもが15年前の景色。

 何故タイムスリップしたかも分からないまま、次の日目覚めると、いつもの風景――現代へと戻ってきていた。
 安心して辺りを見渡すと、そこは俺の知ってる世界ではなくなっていて――。

 ――男子高校生。慎次 龍山《しんじ りゅうざん》が、元通りの世界を取り戻すべく、過去と現代を行ったり来たり……通称『タイムラウンドトリップ』を繰り返す新感覚コメディファンタジー!

――――――――――――――――――――

※小説のURLは『カクヨム』のを載せてますが、その他『小説家になろう』『ノベルアッププラス』でも連載しています。

  • 重要なフレーズ

    重要なフレーズ

    りゅうざん
    龍山
    hellip
    カクヨム
    タイムラウンドトリップ
    町並み
    新感覚コメディファンタジー
    通称
    景色
    ノベルアッププラス
    慎次
    小説
    赤ちゃん
    風景
    現代
    若い親
    タイム
    URL
    小説家

    Web Services by Yahoo! JAPAN

小説を読む(外部サイトで読む)
評価と感想

作品を評価する

星を選択して「評価する」ボタンを押してください。評価後、「評価を取り消す」ボタンを押せば評価を取り消すことが可能です。

感想を書く

感想を500文字以内で入力してください。入力した内容は作者の承認後、感想欄に表示されます。

通報をする

読者への感謝の気持ち